HOME>特集>地元密着の業者

2000万円から5000万円の物件

宝塚市は宝塚歌劇団で知られる町ですが、現在は高級住宅地として非常に人気があります。また六甲山や武庫川などの山や川に囲まれて、自然に恵まれた風光明媚な場所でもあります。そして宝塚で新築一戸建て住宅を建てるなら地元密着の実績ある不動産会社に相談することをおすすめします。宝塚で多い物件は100平米から200平米の広さで、値段は2000万円から5000万円ぐらいです。

第1種低層住居専用地域で日当たりがいい

宝塚の新築一戸建てを売り出している地域は、まず第1種低層住居専用地域になっている光ガ丘1丁目の一戸建てがあります。日当たりもよく閑静な住宅街の中にあります。3LDKの物件で幼稚園や小学校も近く、スーパーなどの商業施設もあります。

第1種住居地域

宝塚でおすすめの物件に阪急逆瀬川駅近くの小林の新築一戸建てがあります。小林3丁目は第1種住居地域になっていて一戸建てが集中しています。小林の3LDKの一戸建てはルーフテラスがあり、シャンプードレッサーや床暖房やミストサウナもついています。近くに小学校やスーパーもあります。

第1種低層住居専用地域で広い

宝塚花屋敷荘園3丁目の新築一戸建ては山の麓にある4LDKの住宅で、第1種低層住居専用地域にあり40坪の広さがあります。阪急電車からJRや能勢電鉄が利用できるのでアクセスも便利です。バルコニーや駐車場も広く、システムキッチンやガラストップコンロなどもついています。

広告募集中